シャツの正しい洗い方を勉強して長持ちさせましょう

洗濯の流れと注意点

ここではオーダーシャツを洗濯するときの流れと、ポイントについてまとめています。このページを読んでシャツの洗い方を学ぶことで、あなたの大事なオーダーシャツを少しでも長持ちさせましょう!

オーダーシャツの洗い方

タグを確認する

まずは、ワイシャツのタグを確認しましょう。オーダーシャツであれば注文時にわかることですが一応確認しておくと良いでしょう。自分のシャツがどのような生地でできているのか確認してください。

浸け置きする

洗う前に、浸け置きをしましょう。35~38℃のぬるま湯に洗剤を少量とかして、シャツを30分ほど浸けましょう。特に汚れの強い襟と袖は洗剤を直接つけて、指の腹で優しくこすってから、浸けるといいでしょう。

温水を準備する

洗濯槽に約40~50℃のお湯を溜めましょう。お湯を用いることで、洗剤の泡立ちが良くなり、より汚れが落ちやすくなりますよ。しかし、あまりに高い温度を使うと色落ちしやすくなるため、柄が入っている場合は注意しましょう。

洗剤の種類を確認

洗剤は洗剤に表記されている規定の量を入れるようにしましょう。洗剤を入れるときは、シャツに直接洗剤がかからないように注意しましょう。また、酸素系の漂白剤を使えば、よりいっそうシャツの白を際だたせることができますよ。

すすぎ・脱水

洗濯物を部屋干しする場合は、リネンウォーターを使いましょう。そうすることで、部屋干し時の嫌な臭いを予防できます。また、脱水はなるべく短く設定しましょう。そして、脱水後にすぐ干すことで、水の重みで重力に従ってシャツが下に伸びるためシワを防げますよ。

正しい洗い方

服

洗濯時のポイント

洗濯槽に洗濯物を詰め込みすぎると、脱水時に皺になりやすくなります。またシャツを保護するために、そのまま洗濯槽に入れるのではなく、洗濯用ネットにいれると、生地の毛羽立ちを予防することができますよ。

裏返そう

洗濯をするとどうしても生地同士が擦れてしまい、シャツが劣化します。これは仕方のないことです。そこで見た目をよく保つためにシャツを裏返して洗濯するようにしまよう。また、そのときボタンを止めている糸が解れないように、すべてのボタンをとめておきましょう。

色を分けよう

白と青や黒のシャツを一緒に洗わないようにしましょう。特に最初の洗濯では色落ちしやすいため、一緒に洗ってしまうと白のシャツに色移りしてしまうことがあります。そのためそれぞれの色に分けて洗濯するようにしましょう。
洗濯の方法がわからなくなったら、オーダーシャツの会社のサポートセンターに確認してみましょう。きっと詳しく教えてくれますよ。

広告募集中