正しく測定して自分にピッタリのオーダーシャツを作ろう

サイズの測り方

Tシャツ

首周りを測る

まずは、シャツの一番上のボタンを留めたサイズを測りましょう。
次にぴったりめがお好みの方は指1本、ゆったりめが好きな方は指3本を入れたサイズを測ってください。オススメは指が2本入るくらいです。
長さで表すと以下のようになります。
・指一本 +1.5cm
・指二本 +2~2.5cm
・指三本 +3~3.5cm

裄丈を測る

裄丈は、首の付け根の中心部分から、肩峰を通って、手首の骨までの長さを図ります。
オーダーシャツを注文する時に最も苦労する部分でしょう。ここを正しく測れば素敵なシャツに仕上がりますよ。
洗濯時に縮むことを考えて約1cm長めに設定するといいでしょう。特に綿生地でシャツを作成する予定の方は1~2cmほど縮むと考えておいたほうが良いですね。

肩幅を測る

肩幅は、片方の肩からもう片方の肩の端までの長さを測定します。
だいたい、+1~1.5cmぐらいがちょうどいいでしょう。あまりゆとりを持たせると、腕が挙がりにくくなるので注意しましょう。
裄丈を正しく測定することができれば、肩幅のサイズも自然とあってくるので、裄丈を正確に測定しましょう。

バストとウエストを測る

バストとウエストを測るのは簡単です。
バストは両方の乳頭の少し上を通るラインで測定すればいいでしょう。
ウエストはおヘソの上を通るラインで測定しましょう。そのサイズに下記のサイズを追加すると丁度良いはずです。
・バスト +15~20cm
・ウエスト +10~15cm

手首周りと着丈を測る

手首は骨が出っ張っている部分を通して測りましょう。それに+1cmぐらいがベストです。
腕時計をする側を少し大きく+1.5cmにする方もいらっしゃいますが、基本は1cmで大丈夫でしょう。
着丈については、腕を下に楽におろして、手を指を伸ばした状態で、首の付根から中指の先までの長さを測定します。
シャツをズボンに入れずに着こなす場合は、首の付根からお尻の半分くらいの長さで測定するといいでしょう。

広告募集中