生地の種類やその選び方について学びましょう

生地の種類

男性

綿製の生地

綿はワイシャツにもっともよく使用される生地です。湿気を吸い易く保温性に優れています。また通気性にも優れているので、季節を問わず着用できる素材です。
しかしながら、洗濯によって縮みやすく、シワが出来やすいという欠点もあります。

麻製の生地

麻はパリッとした感触で、通気性に大変優れた生地です。また、水分の吸収・蒸発が早いため、夏や汗かきの方にピッタリの生地であるといえるでしょう。
欠点は、綿と同じくシワになりやすい点と、綿に比べて手触りが硬い点です。

ポリエステル

ポリエステルは化学繊維です。上記の2種類に比べてシワになりにくいことが特徴です。また、熱を加えることで形状を記憶する性質があるため、型くずれしにくいことも特徴です。
しかし、熱によって形が記憶されしまうため、ご自分でアイロンを当てるときには注意が必要です。

糸の太さで選ぶ

糸の太さは番手といって120~40番手ぐらいの種類があります。番手が大きくなると、糸は細くなるため肌触りがよく、柔らかい質感に仕上がります。
反対に、番手が小さくなると糸が太くなるため、細い糸より肌触りは劣りますが、透けにくく丈夫な生地になります。

折り方で選ぶ

生地は折り方一つでその雰囲気が大きく変わります。
一般的によく見るのはブロードという折り方です。
その他にもオックスフォードといったブロック状の折り方だったり、刺繍折だったり、と本当に様々です。
同じ折り方でも、番手によってその雰囲気が変わるので、ぜひ調べてみてください。

広告募集中